GIS学会研究発表大会_自治体分科会セッション

GIS学会研究発表大会の自治体分科会セッション「オープンデータと自治体GIS」にて、このチームURA-CIMAや浦安市が取り組んできたGISやオープンデータを例示に、さまざま意見交換や議論がなされました。

自治体がやっとの思いでオープンにしたデータと、地域や地元事業者が欲するデータに差異があること。また、例えばシェイプでオープンにされても、地域住民はその扱い方がわからん!ということ。さらに、各自治体で地図の属性項目や並び順バラバラでは、使いづらい等の課題がありました。

まだまだ課題や検討事項はありますが、我々が向かう方向は間違えないようです。