ある企業の新人研修に参加する

 先日ある企業の新人研修の一環で「オープンデータやGISを活用した地域課題検討」という科目があり、浦安市のオープンデータやチームURA-CIMAで作成した地図データが教材として使われました。

各班の発表の時間に少しだけお邪魔し、各班の検討結果を聞き、コメントを述べるとともに、自治体におけるGISの活用事例や現状をお話ししてきました。

 浦安市をあまり知らない方たちでしたが、人口ビジョンや総合計画、統計データや地図データから、浦安市の課題や将来を的確にかつ大胆に検討いただき、さまざなアイデアや提案が出されました。

 アイデア×アイデアで、より素晴らしいアイデアが生まれたり、データを元に検討した内容に対し、データを元に否定や逆提案する議論もなかなか面白いと思いました。