URA-CIMAファンの学生と意見交換

 先日、大学で地域分析を研究している市内在住の学生らと、地域格差をテーマに、行政データの公開、オープンデータやGISについて、浦安市の状況やチームURA-CIMAの取組み等を例に、意見交換会をしました。

 チームURA-CIMAでは、浦安市や千葉県、国の機関等が公開している行政データや統計資料をもとに、GIS化をし、地域把握や地域分析の研究をしてきました。

オープンデータの取組みや行政データの公開の仕方、検索のしづらさ等、我々が課題だと感じていた点を、ズバリ!学生らに指摘されてしまいました。

 自主研究チームの範囲とはなりますが、この学生らの支援や研究成果の相互共有等、今後新たな展開が広がるといいなぁと思います。