新入社員研修での「オープンデータやGISを活用した地域課題分析」

 先日、ある企業の新入社員研修において、データやGISを活用した課題分析や課題提案のカリキュラムがありました。

 浦安市を題材にするとのことでしたので、チームURA-CIMAが、これまで整理したGISデータを研修資料として提供するとともに、最終日の各班提案発表の審査員として参加しました。

新入社員の方たちは、浦安市に住んだこともなければ、TDR以外に立ち寄ったことすらない方たちばかりでした。

 しかし、市ホームページに掲載されている各種計画や統計データ、またURA-CIMAの地図データ等をもとに、的確に地域課題を指摘し、斬新で柔軟な解決案の提案を、地図や表でビジュアル化して発表していました。

 こちらも、ハッ!と気付かされる点が多々ありました。

 改めて、データやGISの持つポテンシャルを再認識しました。

 チームURA-CIMA主催で、このようなオープンデータやGISを活用した地域課題分析検討会(まちづくりアイディアソン)を、地域の方々とやってみたいと思いました。