チーム千葉県オフ勉強会「ドローン×特区制度でまちづくり」報告レポート

先日行われたチーム千葉県オフ勉強会「ドローン×特区制度でまちづくり」の報告レポートです。

内容が高レベルだったため、講演者の方のキーワードだけを網羅する形となります。

 

第一部「産業用ドローンの最新事情と将来」

株式会社 自立制御システム研究所(ACSL) 鷲谷氏

 

 【産業用ドローンのキーワード】

 完全自立飛行、室内自立飛行、高速飛行、地上局システム(操作タブレット)、LTE通信(遠隔操作)、映像伝送、墜落防止

 【自立飛行を可能とするもの】

 水平面 XY座標 衛星の緯度経度 

 高度 気圧の変化

 その他 デジタルコンパス

 【用途】

 インフラ点検、測量・計測、宅配・物流、まだ実験段階、災害・防災対応、警備など

 活用事例として、離島への輸送(離島の小学校の給食)

【規制】

 空港周辺や高度150メートル以上の飛行、人口密集地、夜間飛行等はダメ

 実証実験・実績を積み、規制緩和を図っていければ

【応用】

 農薬散布だと、空中で荷物の重量が変わる 荷重変化に対応(モーターやプロペラをモニタリング)

 遠隔操作 約7キロ先のドローンを制御可能となっている

 雨を想定した防水対応も

 3Dサーべーや測量誤差の減少を目指し、測量用4台のカメラを搭載したドローンも

【活用事例】

 楽天のドローン宅配サービスでのドローン活用

 水道管点検ドローン 下水道の中を飛ぶドローン

 工場内の物流 自動走行車の代わり 

 精油工場内のインフラ・鉄塔の点検

 消防法でのドローンの規定がまだ無い 危険地区内でのドローンの墜落を考える

 【見えてきた課題や対策】

 室内や橋梁では、衛星やGPSの電波等が弱い,デジタルコンパスも効かない

 建物周辺では、衛星データが反射する。高圧電線の近くもダメ

 よって、

 XYZ座標の補填 ⇒ ビジュアルSLAM(ピクセルや図面上で、位置を確認・ルート設定)

 カメラのステレオ化で、物体の距離を保つ ⇒ 物に沿って飛ぶこともできる

 

第二部「ドローン特区による千葉市の取組みとまちづくりへの戦略活用」

千葉市国際戦略特区担当局長 稲生氏

 

【 幕張新都心での実証実験】

 水平的な取組:臨海部の物流倉庫からの海上、河川を飛行し、大規模な都心型住宅へ輸送

 垂直的な取組:超高層マンション各戸への宅配、セキュリティサービス 

 実証実験の内容

 ・ショッピングモールからのデモ飛行や高層マンションへの垂直飛行

 ・海上飛行 LTE網を使った遠隔制御 買い物・配送アブリとの連携

  (その時の動画を披露いただいた)

【第三者上空飛行】

 まだまだ超えるべき課題が大きい。今回の取り組みは、実証実験ということで、関係官署の許可いただいた部分大きい。 

【ドローンの活用方法として】

 宅配、セキュリティ、測量、インフラ点検、農薬散布、消防活動、防災

 【規制改革・規制緩和】

 ドローンのみならず、千葉市ではさまざまな新しい取組みを進めている。

 千葉市をフィールドとした事業計画、それを進めるために壁となる規制の改革等、アイディアをお寄せいただきたい。

 

 

【所見】

 ドローン活用の夢や期待が広がる一方、法令や規制がまだまだ追いついていない現状を知ることができた。

 今回ご講演いただいたACSLや千葉大学、千葉市等、実は千葉県はドローンに関わりの大きい地域である。今後も情報収集を進め、ドローンの利活用について、ウォッチしていきたいです。