関東自主研サミットに参加しました

第6回関東自主研サミット×第8回いばらきレボリューションに参加しました。
自分の所属や自分の仕事だけでなく、庁内を横断して知識の習得や共有をして、自己啓発・組織啓発に励む行政職員の方々や、行政職員の枠を超え、地域や市民のために、プライベートの時間を使い、地域活動をする行政職員の方々が集まった会議でした。

今回は「越境」というテーマでしたが、役所と地域住民という間には、壁や境界等はなく、もちろん上も下もない。
大好きな地域について、一緒に悩み、一緒に考え、素直に話し合い、お互いを尊重できる。それを自然にできるようになるには、行政職員が、個々に勝手も造った「壁」、前例踏襲という「壁」を越えないとダメなのだろうと、今回いろいろな方とお話しをして感じました。

チームURA-CIMAは、元々は市役所税務部門の事務改善を目的に設置した自主研究グループでしたが、部や課のセクションの壁を越え、そして、庁内の壁を飛び越え、おかげさまで、今では、地域住民や地域団体の方々と、まちづくりや地域課題について、一緒に考えたり、歩いたり、お話ししたりする取組みをしています。
一気に全ての課題を解決できるほど、力のある優秀なチームではありませんが、これからも地域の方々のお話しをよく聞いて、一緒にまちづくりについて考えていければいいなぁ。と、思っています。
今後ともよろしくお願いします。