練馬区職員自主勉強会「ねりまICT研究会」でURA-CIMA活動を紹介

練馬区職員の自主勉強会「ねりまICT研究会」にて、URA-CIMA活動について、お話しする機会をいただきました。

URA-CIMAも、元々は浦安市職員の自主勉強会から始まった「まちづくり市民団体」

URA-CIMA誕生の経緯やURA-CIMA活動の武器である「GIS」や「オープンデータ」、そしてこれでの活動内容について、ご説明しました。


ねりまICT研究会は、業務後の自分の時間を使い、定期的な勉強会や他自治体とのつながりをもとに、自分の仕事だけでなく、広い視野や考えを持った職員を育成しようと、有志職員で組織、活動している研究会です。

当日も私の話しを、真剣に聞いていただき、多くの質問や提案をいただきました。
浦安市と練馬区とでは、共通する地域課題も多く、今後も意見交換・交流を深めていくこととなりました。