GISコミュニティフォーラム「自治体セッション」に参加しました

GISコミュニティフォーラム「自治体セッション」において、チームURA-CIMAでのGISの活用やまち歩きの取組み等について、発表する機会をいただきました。
チームURA-CIMAでは、浦安市や千葉県、国の機関等がホームページ等で公開している資料や統計書、一覧表等をもとに、地図化をする取組みや、地域の住民や団体の方々とまち歩きをして、その情報を地図化する取組みを進めてきました。これらの取組みを発表しました。

 

また、今回は、豊島区や神戸市、安城市、流山市、室蘭市、会津若松市での行政や地域でのGISの取組みについて聴くことができました。神戸市での自治会・町内会を巻き込んだGISの活用等、URA-CIMAの新たな活動のヒントをたくさんいただきました。


「GISは、データを上手に整理して、見せる入れ物」だと思います。

どんなに高級な、多機能な入れ物を持っていても、中身のデータが空っぽ、スカスカでは、意味がありません。

その中身となる「地域や行政のデータ」って、実は至るところにあるんですよね。そのまま地図化には使えないケースが多いですが。。。

URA-CIMAは、今後もそれらデータを「試しに地図にしてみよう!」を続けていきたいと思います。