「NPO法人6時の公共」第一回勉強会に参加しました

URA-CIMAも関係者として関わらせていただいている「NPO法人6時の公共」の記念すべき第一回勉強会に参加しました。


今回のテーマは「空き家や所有者不明不動」です。

不動産登記制度と戸籍や住民登録制度が連携されていないため、結果的に「相続人への未登記不動産」や「所有者所在不明不動産」となっている現状。

また、その背景として、土地の価値の低下や不動産登記や権利証への家庭内や社会全体での意識不足がある。

この「空き家や所有者不明不動産」の問題や田舎や地方だけでなく、都会のタワーマンションにおいても、起こりうる問題である。

等、立教大学の原田先生の小気味良く、わかりやすい講義を拝聴しました。


併せて、山形県鶴岡市の「つるおかランドバンク」の話題提供もありました。

http://t-landbank.org