パワポでグラフッイクデザイン講座に参加しました

URA-CIMAのチラシやポスター作りの参考になればと思い、「パワポでグラフッイクデザイン講座」に参加しました。

Adobeなどの専用ソフトを使わず、パワーポイントで、デザイナーさんのようなチラシやポスターを作成するコツやテクニックを教えてもらいました。

「使う色は3色まで、その3色を有効に活用するため、明度と彩度を活用する」「アイキャッチ(最初に目を引くポイント)が重要」「透過やフリー素材を使いこなせ」などなどのテクニック、また、ターゲットや目的、トンマナ(トーク&マナー)等の全体設計が肝心である等の概念的なお話しをいただきました。(先生のご許可いただき、写真の一部を掲載しています。)

さっそく先生のお話しをもとに、先日公開した「10/14市民活動フェスタでの観光大使まちゲーのリニューアル」のチラシを書き直してみました。少し、ダサさが取れたでしょうか。

【またまたプロボノ】
今回の講師の高村先生は、本職はとあるWebマガジンの編集者ですが、世間で見掛ける「ダサい、ダメダメな」ポスターやチラシを見て、簡単なコツを教えてあげれば、もっと良くなるのでは。と思い、自分の時間を割いて、このような社会人講座をポランティアで開催しているそうです。
自分の持つ専門的な知識や経験を社会貢献活動に活かすボランティア活動。まさに、プロボノですね。