かながわDEまちげーを作ろう!でURA-CIMA活動を紹介

神奈川県内自治体職員の自主研グループ「K33ネットワーク」主催の「かながわDEまちげーを作ろう!」勉強会に、ご縁があり、講師として講演をしました。

幕張大学まちげー学科の様子、URA-CIMAオリジナルまちげー「観光大使まちげー」の制作秘話等を紹介し、後半は、クループワークにて、まちげー企画を行いました。みなさんから、すぐにでもまちげーにできそうな、素晴らしいゲーム企画がありました。

今後、K33ネットワークオリジナルまちげーが制作されることを楽しみにしています。

 

【みなさんから出たゲーム企画提案の一例】

・食育をテーマに、栄養やカロリーを記載したさまざまなフードカード(地元の名産を使ったフード、ジャンクフードも)をもとに展開し、100歳まで生きるための食生活ゲーム

・本離れの課題解決の一つとして、図書館を舞台に、ランダムに持ってきた本のテーマ、出版日、ジャンル等をもとに、ビンゴゲームをするブックビンゴゲーム

・高齢化率50%となった社会を舞台に、高齢者の生きがいや楽しみを見出す「大喜利型」ゲーム

・地方の人口減少・人材不足を解決するため、新しい雇用、サービス、職業を創出する「大喜利型」ゲーム

 

なお、当日の資料は、下記の資料ライブラリに掲載をしております。
資料ライブラリは、こちらへ ⇒ https://goo.gl/EaNBeY