獨協大学地域総合研究所での事例発表

獨協大学地域総合研究所主催の勉強会において、URA-CIMAのGIS(地理情報システム)の活用について発表しました。


今回は、地域分析、政策形成におけるGISの活用がテーマで、URA-CIMAの事例発表の他、慶応義塾大学河端先生の講義、越谷市の事例発表もありました。


発表後の質疑では、GISのシステム的な質問より、データ活用やデータ管理に関する質問を多くいただきました。


可視化や分析に優れている道具であるGIS。

可視化したいデータや分析に必要なデータが入っていなければ、タダのハリボテの入れ物です。


今回の発表資料を作成するにあたり、現在のURA-CIMAの取組みは、データ収集がメインで、まだ地域分析の事例が少ないことがわかりました。

今後は、地域分析にも力を入れていきたいと思います。


【参考情報】

URA-CIMAが作成したマップ一覧

 https://goo.gl/g7gNnj