経済産業省DX会議に参加しました

経済産業省のデジタル・トランスフォーメーション(DX)会議に参加しました。

経産省のDXに対する「あらゆる反対や法の歪みを超えてデジタル化を推進し社会を変えていく」との姿勢に感動・共感をしました。日頃、自治体に関係する総務省や法務省の取組みに接する機会が多いURA-CIMAですが、これらの省庁と比較にならないくらい、経産省の「前のめり感」を感じました。

また、オープンデータ、EBPM、アジャイル開発、サービスデザインなどが押しワードとして、繰り返し出てきてました。

経産省CIO補佐の講演の中のキーワード
「常識を疑おう」「アナログ時代の制度にしばられない」「面倒なことはできる人に頼む」「デジタルを妄想しよう」

「みんなで取り組もう」「デジタルワールドの達人になろう」「まずは自分で試してみる」「やれることからやっていく」

等のコメントは、偶然にもURA-CIMA活動の考え方と重なる部分がありました。