地域デザインラボ@千葉第3回研究会に参加しました

第3回の研究会は「データの可視化・見える化」「インタビュー技術とテーマ」について学びました。

 

前半は、データの可視化・見える化について、「MY CITY FORECASTあなたの街の未来予想」や「浦安市市民団体チームURA-CIMA」の事例をもとに、行政のオープンデータや統計データ等を地図化(GIS化)したり、ビジュアル化について学びました。現状の把握や将来の推計を説得力のあるわかりやすく表現するツールとして、GIS化が有効であることを知りました。

 

 MY CITY FORECASTあなたの街の未来予想

 https://mycityforecast.net/

 

 チームURA-CIMAが作成した地図一覧

 https://goo.gl/nVCgkS

 

後半は、2月から行うインタビューのテーマ・項目について検討しました。

インタビュー項目にもとづき、状況や気持ちを淡々と聞くパターンに陥りがちですが、「なぜ?」「なんで?」「どうしてそう思いましたか?」と深堀りをして、本当の原因=真因を導けるようインタビューする必要があること。

また、ハッピーエンドだけでなく、「もしそれがダメだったら」「仮に、その状態が3年続いてしまったら」とバットエンドの状況もイメージしてもらい、「そうならないために必要なもの」を見出すことも大切であることを学びました。