インバウンドって、そういう意味だったのか?!

今回のNPO法人6時の公共「みんなの学習会」は、一般社団法人 日本インバウンド連合会 理事長である中村好明氏のご講演でした。

講演のポイントと、末筆ながらグラレコ(グラフィックレコーディング)しました。

 

「インバウンド」「戦略」「観光」など、私たちが日頃見聞きする言葉ですが、実は、本当の意味、世界基準での定義は、日本での意味・使い方とは大違い!
そういう言葉の定義や意味を知らないで、対策を論じることの怖さ・愚かさを知りました。
また、世界の中に日本があり、日本の中の千葉県であり、その中の市町村、地域であるというように、意識やアンテナをもっとグローバル思考にする必要があると感じました。

 

国内の人口を取り合う人口ビジョンではなく、世界の多くの方に「ふるさと」と呼ばれるような地域を目指し、シビックプライドを住民に広く浸透できた地域が、都市部や地方に関係なく生き残るのだろうと教えられました。