「シビックテック」について改めて勉強しました

自治体情報政策セミナーの 「シビックテック手法を活用した社会的課題解決の仕組み」について勉強しました。

 

シビックテックとは「技術で地域課題を解決する市民や団体、その活動」をいう。

・シビックテックが登場した背景としては、IT技術が専門家から一般化・市民のものとなったこと、データ活用への注目集まったこと等があげられる。

・シビックテックは、海外では盛んであるが、国内でも技術活用よりは、「市民参加」と「課題解決」を中心に、さまざまな取り組みがされている。「Code for 系」が有名である。

・行政と企業とシビックテックが、連携・協力して、地域の課題に取り組む例も出てきており、技術支援だけでなく、人材育成、新規サービスの実証の場の提供等、「共創」する関係が構築されている。(会津若松市、神戸市、鎌倉市、福岡市、生駒市等)

・シビックテックは、行政における地域や企業との関わり方にも変化をもたらす。ツールやデータが市民と行政との対話を促進シビックテックを媒体とした官民共創リアルタイムな都市情報の共有等。

 

このURA-CIMAは、まだまだ仲間内の自主研究の域を脱しませんが、最近いろいろなところで「Code for 系」等、地域でがんばるシビックテックさんと関わることが増えてきました。

みなさんの取組みや技術等を参考に、URA-CIMAの成長につなげていきたいと思います。