デザイン思考のペルソナ分析のためのインタビュー

URA-CIMAもメンバーとして参加している「地域デザインラボ@ちば」の取組みとして、デザイン思考のペルソナ分析の材料を集めるため、県内の学生や若者へのインタビューを行いました。

 

最初は、身近で起こった出来事、今夢中になっていること等を聞いて、そこから日頃の生活の中で抱える不満や不安を教えてもらい、その不満や不安の原因・真因を深掘りするインタビューです。


いざ、実際やってみると、漠然として、モヤモヤしている日頃の不満や不安を具体化し、その原因や真因を導くことは、とても難しいです。
インタビューにご協力いただいた方は、みなさん良い方ばかりで、不満や不安の原因について「悪いのは自分です」と控えめな方たちばかり。なかなか、原因や真因の特定、それを解決するための方法論まで進むことができませんでした。

3/19の「デザラボちば」の勉強では、メンバーが行ったインタビュー結果をもとに、反省点や改善点を確認しました。
今後も、もっとインタビュー数を増やして、分析するためのデータ・材料を蓄積したいと思います。
なお、3/19の「デザラボちば」の様子は、こちらからご覧になれます ⇒ https://goo.gl/sJLzat