経済産業省CIO補佐官のデジタルガバメントの講義

6月14日に開催された6時の公共みんなの学習会では、経済産業省の現役CIO補佐官の満塩さんをお招きして、経済産業省のデジタルガバメント等について、ご講演いただきました。

政府の取組みデジタルガバメント政策から、サービスデザイン、情報セキュリティ、本人確認手法等、多岐にわたるトレンドのお話し、そして、経済産業省が進めるデジタルトランスフォーメーションの様々な事例をご紹介いただきました。

デジタルファースト、ワンスオンリー、コネクテッドワンストップ等のデジタル基本原則は、目的は、単なる電子化ではなく、データ分析であること。
クラウドやAI自動化等を活用し、システムの運用費・保守費を抑制し、新たな新規事業に予算を転換する等のアドバイスもいただきました。

個人が対象の総務省、法人や企業が対象の経済産業省
扱うデータの機密性の違いがあるので、デジタル化の取組みやスピード感に差が出るのは仕方がないことですが、今後も、経済産業省が、省庁の先頭をきって、国のデジタル化を牽引していただきたいと感じました。